戦略至上主義!芦田博のブログ

戦略は全ての問題を解決する人類の智慧と考え人と企業を豊かにする。経営ストラテジスト芦田博の日日是好日記。

フリーライダーパーティーピープル(FRPP)とは

こんにちは、芦田です。

ブログ再開したけど、なかなか書けないですね。

日々発見することがあり、

ブログに書き留めたいと思いながらも、

時間だけが過ぎていきます。

 

先日、長年の友人でもあり、戦略サポートをしている室屋義秀が、

今期2勝目、それも日本大会の優勝で、現在シリーズランキング1位となりました。

www.redbullairrace.com

周囲が大騒ぎする中、

私は複雑な気分になりました。

彼とは、

17年程のつきあいになります。

私が、とあるゲームメーカー戦闘機ゲームのPRで、

彼が所属するエアショーチームに相談。

おかげで航空ショー会場でのPRを行うことができました。

そのイベント打ち上げ時に彼から相談を受けました。

 

「独立してエアショーチームをつくりたいんですが、協力してもらえますか?」

 

その数年前、私も商業パイロットになりたく挫折したばかり。

自分の夢を彼にかけようと協力することを決めました。

 

とはいっても、

私も友人と起業したばかり。

時間も金もなく、どのように彼の夢を実現するか思い悩みました。

なにせ、

世界的にみても、

航空ショーのみで「食えるパイロットは皆無でしたから。

それでも、

仕事の合間にスポンサー集めでかけたテレアポは約2千社。

彼は、その時点で、実績も金もありませんから、

当然、どの会社も瞬時に電話を切られました。

 

「今にみてろ、彼を世界一にして見返してやる」

 

と思いながら、特に罵声を浴びて断ってきた会社はメモすることにしました。

(笑/ヘビのようww)

 

それでも、苦労が実りスポンサーをゲット!

初の曲技を披露したのが2002年。

私得意の番組仕込もあったので、

この実績とメディア掲載で、

ようやく風向きは変わって今にいたるわけです。

(途中、随分はしょっていますがw)

 

今の彼は、メディアの取材、ファン、関係者、

多くの取り巻き(一部の人は違いますが)の渦に巻き込まれ始めたような気がして、

そんな状況を傍目から見て心配してしまいます。

 

どんな人でも、頂点に立つと、

何らかの下落が始まると言われています。

仕事柄多くの経営者を見てきた私が思うのですから、

この心配は極度な不安に変わるのです。

 

なにせ下落の要因は、いつも、この取り巻きによることが多いから、、。

成功者を利用して商売を企むもの。

成功者をつかって自己表現するもの。

その種類は様々です。

 

私はこれまでに、戦略パートナーの仕事として接してきたつもりはなく、

彼の兄貴のように心配し、

彼の目標をサポートし、

それが今のサポート形態となってきた経緯があります。

 

さて、

この心配をどのように払拭するか?

そこで思ったのが、「取り巻きのリストラ」です。

考えてみれば、

エアショーチーム発足当初、

本当に誰も助けてくれませんでした、、。

正直、今でも「世の中、そんなもん」

と思っています。

 

だから、

室屋氏の原点の姿を見てもらい、

周囲が、本当の応援の気持ちをもってもらうべく、

彼の発足当初からのストーリーを知ってもらうビデオをつくりました。

youtu.be

 

これにより、

彼に接する多くの「取り巻き」のエリを正してもらえればという、

(ある意味傲慢な考えかもしれませんが)

願いを込めてみたのです。

その効果は少なからずあったようですが、

先週、彼とも話して、

「そこは大丈夫、注意しています」とのこと。

まあ、とりあえず安心です。

 

さて、私はつきあう人を選ぶことは非常に重要と思っています。

自分を損させる人。

自分を迷わせる人。

自分を使い自己表現する人。

そうして時間や気持ちを奪う人。

損をさせながら、さらに自己表現を同時に行う人を、

私は、

フリーライダーパーティーピープル(FRPP)※造語」

と呼んでいます。ww

人にただ乗りし、さらに自己表現を行う人。

 

人生は、

人に起因することで大きく迷走することがあまりにも多い!

より良い人生を歩みたいなら、

やはり人を見極めることが大事です。

 

では、

どのように人を見極めるか?

 

これ、

意外や簡単なのですが、

自分にイザや窮地をつくりだすか、

または、イザや窮地があった場合、

「誰が本当の意味で助ける」か、

または「助けてくれなかったか」を見極めることです。

要は、このような環境になると、

人は本性が現れます。

ここで「助けてくれなかった」人は、

FRPPなはずです。

お金や知名度があるから寄ってきているだけです。

このような人は、

人を利用することしか考えていませんから、

結果、あなたの様々な財産を奪うのです。

 

もちろん、

その見極めの必要性は、

今後助けてもらうことを前提にするのではなく、

いらぬ損を被らないためです。

そして見極めができたら、

「つきあうな」

ということでなく、

まずは注意が肝要ということです。

 

偉そうなことを言いましたが、w

私もこれで、

たくさん失敗してきました。

今度こそは大丈夫だろうと、思いながら、、。ww

ただ、

失敗した分、この感度は高くなってきたようです。

みなさんもご注意を!

 

あしだ