戦略至上主義!芦田博のブログ

戦略は全ての問題を解決する人類の智慧と考え人と企業を豊かにする。経営ストラテジスト芦田博の日日是好日記。

大きな会社の奢りとは。

こんばんは、芦田です。

 

ブログ更新、色々な理由があって更新していませんでした。

なんとか、これからは更新していきます。

 

ブログはフェイスブックなどのコミュニティSNSでは書けないことを書くのに便利ですから。なので、今後は思い思いに様々なことを書いて行ければと。

 

今日はちょっとだけ愚痴を。

最近、連続して、大きな会社の所業に呆れています。

 

例えば、

某大手印刷系代理店ですが、

弊社で出した某コンビニ向けPRコピープランが、

提出後、音沙汰ないと思っていたら、

そのコンビニのPRに使われていたり、

とある展示会のコンペに参加し、落選と聞いていたのに、

その展示会に訪問した際、

落ちたはずのブースデザインが、なんとそのまま採用されていたり、

またはCMのイメージキャラクターで提案した某タレントが、

なんと、またや返信がなく、そのままキャラクターで起用されたりとか。

これ、その某大手印刷系代理店であった所業です。

担当者は全部別の人。

怒りよりも呆れて、

また訴えるとかもばかばかしいので、

取引を停止しました。

 

面白いもので、

今までの私の経験に符号するように、

このような会社の取引は必ず最終利益が極端に低くなります。

取引前、

この会社は業者を利用するだけするという風評はありましたが、

その風評はやはり当たっていました。

どうやら多くの外注業者が離れているようです。

  

また、最近も某中堅IT系会社であったことですが、

(詳細は割愛しますが)どう考えても我が社の責でないことを、

責任転嫁し、

さらに訴訟をチラつかせ、無償で仕事をさせようとしました。

呆れて、

「御社はや○ざやさんですか?」

と、その会社の皆様に言いました。

これ、純粋に刑事罰になることを知らないのでしょうか?

 

極め付けは、

先日の会議の時、

先方の取締役の方、

椅子からお尻をずり下げ、机から顔しか出していない状態で、

こちらも見ずにパソコンをパチパチ、、w

5年前以上の自分なら、

(私、曲がったことは嫌い&怖いもの知らずなので、顧客でも)

「こら、正しく座れ!」

と、一喝し、襟をつかみ正しい姿勢に戻すことでした。

今は、そんなことしたら暴力行為になってしまうでしょう。

 

多くの社長とのおつきあいがありますが、

(どの社長もやはり礼節は素晴らしかったのですが)

25年の社会人経験で、これは初めての経験。

取締役という立場は会社を代表していることを忘れているのでしょうか?

(あ〜あ、、)

ちなみに、

この会社とは一度、さらにその上の人と話してみて、

改善の余地がなければ、

やはり取引を停止します。

 

経営戦略とかの仕事をしていますが、

経営戦略とか、ブランディングコンプラとかの議論の前に、

小学校の道徳からやった方が良いのでは、

と思うことがあまりに多すぎますね。

 

確かに大きな会社の売上規模やブランド力は強力でしょう。

しかし、このようなコトをする会社にはリスペクトすることはできませんし、

人(法人)としては最低です。

 

自社も今後の成長において、

そうならないように自戒を込めての投稿でした。

 

おやすみなさい。

 

あしだ