戦略至上主義!芦田博のブログ

戦略は全ての問題を解決する人類の智慧と考え人と企業を豊かにする。経営ストラテジスト芦田博の日日是好日記。

リ・スタート。

こんばんは、芦田です。

 

前回、シリーズを書こうと思いましたが、

中々年末年始忙しく、

ブログに向かうことができませんでした。

重い内容のため、気軽に書くこともできず、、。

そのため、このシリーズ、一旦文章を保存し、

後日再開します。

 

以前、ブログを書いていまして、

 ルーティンになれば、継続掲載ができるのですが、

今回は、その波にのることができません。

このブログを見ようとしている方に大変申し訳ありませんが、

少しづつ書き始めますので、

末長く見守ってください。

 

とり急ぎですが、

まずは簡単な報告から。

 

ストラテジックパートナーズを起業してから3期(2015年)までは、

毎年、売上が160%で成長してました。

4期(2016年)はさらなる成長のため、ハイクラス人材+α人材を入れたのですが、これは失敗!初の赤字決算に!!

(我が社のような業態は設備がいらないので、販管費はほとんど人件費になります。

人材が機能しないと一気に赤字になるのが私たちの業態です)

5期(2017年)に入ると、ハイクラス人材+α人材は責任を感じて退社してしまいました。(機能しなかったのは私の責任ですね)

さらにコストを減らすために事務所移転も敢行した結果、

赤字要因はほとんどなくなった状態で6期がスタートしました。

 

もちろん、社員数は今までで最低となり(2期の状態)逆戻りです。

しかし、残った社員の奮闘により、6期(2018年)は創業以来の最高益で終了しました! 

 

こうして、弊社の3年に渡る苦境は脱したようです。

累積損失は完全にはなくなりませんでしたが、

それでも今後の我が社成長の根幹となる、

経営戦略のフレーム研究を通じて、作成した論文が査読通過。

(なぜ、この研究をしたかは今後このブログでお話しします)

顧客も増え、仕事も年々忙しくなっています。

 

ようやく、一旦横道に逸れてしまった我が社の行く先を改めて考え、

行動することができそうです。

 

この3年間で、経営学という学問ものにはない「人」を学びました。

裏切り、慈愛が交錯した3年間でした。

(特に過酷な3年間を共に闘ったスタッフには言葉に言えないくらいの感謝をしています)

 

f:id:hiroshiashida:20190112234454j:plain
 

足踏みした3年間でしたが、

決してゼロベースに戻ったとは思いません。

強いスタッフ、良好な顧客、様々な経験は、お金には代えられない財産が残りました。

 

だから、以前と比べて力強い「リ・スタート」になるでしょう。

 

これからは社会に大きなインパクトを与えるコトをします。

このブログを見てる方、ぜひ、その目撃者になっていただければ幸いです。

  

f:id:hiroshiashida:20190112232930j:plain

 

あしだ